うちのシロは捨て犬(迷い犬)でした。
主人を失ったショックからか、シロはうちに来た頃とても沈んでいました。
いつも玄関に座っていて、物音がするたび悲しそうにないていました。
突然大好きな人を失うのですから、不安で淋しくて悲しくて…
きっと色んな思いで、いつ迎えに来るかわからない主人を待っていたと思います。
(迷子になった時のために、どうか迷子札などつけてあげてください) 
ぜひ一度下記サイトを訪れてみてください。
どうぶつたちへのレクイエム
人間の身勝手で捨てられ、動物管理センターで殺処分される動物たちの
最期の姿を写した写真集です。悲しい現実です。
My life is likely to last ten to fifteen years.
私の一生は10〜15年くらいしかありません。
Any separation from you will painful for me.
ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。
Take care of me when I get old ; you, too,will grow old
私が年をとってもどうか世話をして下さい。あなたも同じように年をとるのです。
Go with me on difficult journeys.
最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。
Everything is easier for me if you are there.
あなたがそばにいてくれるだけで私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
Remember,I love you.
そして........どうか忘れないで下さい。私があなたを愛していることを。
    「犬の十戒」より